glossom

数多くの技術が使われている会社で、
ここでしかできない経験ができる。
これがGlossomの魅力だと思います。

開発部

Mariko Nakamura / 
中村 真理子

中村

ユーザビリティを意識して改善提案をしています

主に、営業担当が使用するレポートツールの開発を行っています。レポートツールとは、クライアントへ広告効果を報告したり、効果を改善するための分析に使ったりと、広告を扱う会社では、必要不可欠なものです。システムを開発する際は使い手の業務を理解して「どうしたら使いやすいのか」「もっと改善点がないか」を考えるようにしています。
自分の開発したシステムが、相手の仕事にどう関わっていくのかを把握した上で、エンジニアの視点を活かして改善提案をすることを大切にしています。

複数技術が集約される広告システム開発を通じてスキルの幅をより広く

新卒で親会社のグリーにエンジニアとして入社し、広告統括部に配属されました。もともと広告に関わる開発がしたかったので、本当に嬉しかったです。その後Glossom株式会社設立と同時にGlossomに来ました。私が広告の仕事を希望した理由は「インターネット広告はなくならない!」という信念と「会社組織の中でしかできない仕事をしたい」という想いからです。
例えば、ゲームは個人でも開発する人がたくさんいますが、広告システムは個人ではなかなか難しく企業ごとに技術を競い合っています。というのも広告システムは、管理画面、配信システム、SDK、ログ、それらを支えるインフラなどと、様々な要素で構成されているからです。それぞれ異なる技術が集約されているため、エンジニアとしては、一つの広告の開発プロジェクトに携わるだけで多くのスキルを得ることができます。
Glossomには、動画広告事業、SSP事業、代理店事業など複数の事業があり、各事業のエンジニア同士の交流も活発です。私はたくさんのことに携わるのが好きなので、3~4ものプロダクト開発を掛け持ちする場合もありますが、異なる開発経験が別のプロダクトに役に立つことも多いですね。もちろん、1つのプロダクトに専任で取り組んで、専門性を高めていくことも可能です。
数多くの技術が使われている会社で、ここでしかできない経験ができる。これがGlossomの魅力だと思います。

中村

変化とスピード、たくさんのチャンスがあります

Glossomでは広告に関わる開発に幅広く関われるチャンスがたくさんあります。それだけスキルアップの機会があると思うので、もっと技術力を磨きたい方にはお勧めですね。広告業界は環境変化のスピードが速く、新しいものが次々と出てきます。そういった変化を楽しめる仲間がたくさんいますので、ぜひ一緒に楽しい仕事をしましょう!

ENTRY