glossom

まだ世の中で定番になっていない
ことの事例を作っていける環境は、
すごくワクワクします。

WOOZ事業部

Takanori Koyama / 
神山 隆憲

神山

動画マーケティング市場のリーダーを目指して

動画マーケティングサービス「WOOZ」やSNSマーケティング、インフルエンサーマーケティングを手がけるWOOZ事業部での、事業の推進と組織づくりが今の私の業務です。
動画広告とSNSのアカウントを併用してクライアントのブランディングを行ったり、インフルエンサーを通じて商品の認知を広めたりと、幅広いプロモーション支援を行っています。かつては動画といえばテレビの世界のものでしたが、今はWEB上でも動画を使うのが主流になってきています。マーケット自体がまだ新しいということもあり、その変化に応じて新しいプロダクトや施策を生み出していける市場だと感じています。私自身、シニアマネージャーという立場上、その変化に迅速に対応していける組織を作ることも重要な役割です。新しいトレンドを敏感にキャッチして、他の広告会社をリードする存在になりたいと思っています。

新しい市場へチャレンジする楽しさがあります

マーケット自体の注目度が高く、伸びしろもあるので、仕事のやりがいは大きいですね。まだ世の中で定番になっていないことの事例を作っていける環境は、すごくワクワクします。また、業界の垣根を越えて様々な企業の方々と話をし、一緒に仕事ができることは、とても魅力的だと思います。マーケティングはどの業界の企業も行うものなので、そこでタッグを組み、前例のないマーケティングを仕掛けていけるのが楽しいですね。

神山

今まで経験したことがないようなやりがいをGlossomでは見つけれられます

Glossomでは、業界の変化を素早くキャッチして新しい事業を起こせるチャンスがあります。業界内でも経験したことがある人の少ないサービスだからこそ、それを作っていけることにはやりがいがあると思います。優秀な仲間と一緒に広告の未来をつくっていきましょう。

ENTRY